バニラエアの特徴について

徹底的に合理化したサービス

バニラエアというのは、日本の格安航空会社です。
格安航空会社というのはここ10年くらいの間に、空の規制緩和もあって誕生してきた新しいタイプの航空会社で、従来からある航空会社とはかなり変わったビジネスモデルで運営されています。
このような格安航空会社、別名ローコストキャリアが誕生してきたこともあって、従来型の航空会社はフルサービスキャリアなどと呼ばれて区別されるようにもなりました。
バニラエアをはじめとする格安航空会社の一番の特徴は、何といってもその運賃の安さです。
従来からの航空会社に乗り慣れている人にとっては、これは飛行機の値段とは思えない、一桁違うのではないかと思えるくらいの安さであることも珍しくありません。
これは徹底したサービスの合理化によって達成されるビジネスモデルで、見方を変えれば、これくらいの運賃でも航空会社というのは経営できるのだということになり、フルサービスキャリアに対して一種の不信感というか、不当に利益をむさぼっているのではないかとさえ思わせるところがあります。
一方で、安かろう悪かろうではないのかと思われることもありますし、サービスが合理化されている以上、フルサービスキャリアでは当然のように思っていたサービスがなかったり、追加料金がかかったりすることもあります。
賛否両論あるとはいえ、空の旅に新しい選択肢を登場させたという意味でインパクトは小さくないことは誰しも認めるところでしょう。

徹底的に合理化したサービス大手会社に引けを取らない便数国内線は最安値で5千円以下!